3歳からの英語教材って必要なの?

3歳からの英語教材

私のママ友で、3歳の子と親子英語教室に通ったり、英語教材を買い与えて聞かせたりしている人がいて、私も勧められました。

内心、それって必要なの?って思いました。

3歳の子は日本語だってまだ十分にしゃべれないし、理解してないのに英語を教えても意味ないのでは?と思って、初めは聞き流していたのです。

私自身、学生の頃は英語は不得意でいまだに十分にしゃべったり理解したりできません。

でも勧められたからと、一応、教えてもらった幼児英語教材のホームページをスマホで見てみました。

そして、こんな文面になるほどな、と引き付けられました。

それは「幼児は大人のように【頭の中で日本語を英語に翻訳して理解する】ということをせずに、聴いた音をそのまま素直に記憶して発音する作業しかしない。

大人の英語学習では、翻訳する作業が邪魔になっている。

むしろ日本語がしっかり理解できていない年齢から英語を聴かせることで、自然と口から英語を話すようになっていきます。

なるほど、と思いました。

私が英語が嫌いだった理由は無理やり日本語に直してから理解しようとしていたからなのですね。

私が勧められた幼児英語教材のホームページは、セブンプラス・バイリンガル(7+bilingual)です。

思ってたよりずいぶんと安価でしたが、すごく有名な「七田式」という教材らしいです。

週に2回の親子英語教室に通うのは私には時間的に無理なので、セブンプラス・バイリンガル(7+bilingual)を使ってみることにしました。

クリック

セブンプラス・バイリンガル(7+bilingual)

参考:子供英語教材

乳酸菌サプリで内臓脂肪を減らす

 腸内環境を整えてお通じを良くするイメージで乳酸菌を食べる人が多いようですが、私の場合は内臓脂肪を減らすために乳酸菌を始めました。

乳酸菌の働きの一つに腸内で余分な脂肪を吸着することがあります。

これにより細胞に脂肪分が吸収されにくくなり、内臓脂肪を減らすことができます。

また、乳酸菌が蠕動運動を促進させて、腸内の不純物を早く体外に排出させるようになります。

便通が良くなることにより、内臓脂肪として蓄積されるまでに、腸内の不要物を排出してくれるのですね。

ただ、乳酸菌の取り方に注意することが大事みたいです。

食物から摂取するには、ヨーグルトやヤクルト、キムチなどを絶え間なく食べなければなりませんので、いつもの食事に加えてこれらを食べれば逆に太る誘因になってしまいます。

ヨーグルトなどの乳成分が、分解不良になって腸内に残留して、逆に腸内環境を悪化させたり、太る場合もあります。

なので、効率よく大量の質の良い乳酸菌を毎日摂取るつためにはサプリが有効になります。

乳酸菌サプリはカロリーゼロですし、食べ物から摂る乳酸菌よりも、数粒ではるかにたくさんの有効乳酸菌を摂取できます。

とは言え、サプリの効果が実感できるようになるには半年、一年と続けてみることが必要です。

じっくり、あきらめずに信じて続けることも大事ですね。

私が乳酸菌サプリを飲み始めてから今で一年が経過しましたが、ポッコリしていたお腹が少し凹みましたし、

他にもお通じが良くなったり、朝が気持ちよく起きられるようになったりと体調は明らかに良くなりましたよ。

私が飲んで、効いたと思う乳酸菌サプリはコレ

すっきりやさしい乳酸菌